タグクラウド
薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」 薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」 薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」
ビジネスブログランキング ビジネスblogランキングを見る

気休めのヒアルロン酸は選ばない

ヒアルロン酸は化粧品など、肌に塗るタイプもありますが、やはり全身の健康効果を十分に期待できるのは飲むタイプです。
塗っただけでは、体全体のヒアルロン酸量を補充することは出来ないため、皮膚の一部での気休めにしかならないかも…。

ヒアルロン酸そのままでは分子構造上、吸収されにくいので、口から飲んで腸から効率よく吸収するために、低分子化したヒアルロン酸を選ぶことが大切です。
ただの「ヒアルロン酸」を選ぶと、身体に吸収されにくいので無駄金に終わってしまいますよ。
posted by ハルベク at 13:34 | Comment(28) | TrackBack(4) | ヒアルロン酸の選び方

関節痛とヒアルロン酸の関係

ヒアルロン酸は関節液に多く含まれており、関節軟骨の摩耗を修復したり、クッションのような役割をすると云われています。
しかし、年々減少する体内のヒアルロン酸量では、若い時分の柔軟な関節のままとは行かないようです。

膝・肘・腰などの関節痛や関節炎、関節液の減少は、加齢に伴うヒアルロン酸の減少と共に、増加しやすい症状です。

特に高齢者は関節痛が悪化すると、外出など億劫になって生活の行動範囲も狭まり、筋力や体力の低下にも繋がります。
痛みの憂鬱さなど、精神衛生にも悪い影響を与えかねませんので、まだ軽いから大丈夫と放置しない方が良いでしょう。

将来あちこちが痛い痛いと嘆きたくない方も、積極的にヒアルロン酸を取り入れては、いかがでしょうか。
ヒアルロン酸を摂取して、リウマチ痛が緩和したという報告例もあるそうです。
薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」身体への吸収率を高める低分子ヒアルロン酸こちら



posted by ハルベク at 11:42 | Comment(1) | TrackBack(1) | 美容と健康のヒアルロン酸

良いヒアルロン酸の選び方

ヒアルロン酸の原料を知らずに買うと、実は怖いヒアルロン酸も大手化粧品メーカーで販売されているので要注意。
最近主流のバイオ製法の中には、ストレプトコッカス等によるバイオ製造のヒアルロン酸があります。
「ストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)」とは感染すると、急性咽頭炎、扁桃炎、中耳炎など症状をおこすような菌類です。
A群溶血性連鎖球菌感染症について参照
大量にそして安価に製造できるという理由で、化粧品会社で採用されています。
狂牛病の不安が残る牛肉や、遺伝子組み替えも嫌だという健康志向の方でしたら、購買欲が湧かないような原料です。

やはり、美容と健康を買うのですから、安全と信頼のおける原料、製法、産地など良質なヒアルロン酸を選びましょう。
国産の食用ニワトリの鶏冠を原料とし、安全と吸収を追求した低分子ヒアルロン酸の詳細はバナーへどうぞ。
↓ ↓ ↓


posted by ハルベク at 10:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | ヒアルロン酸の選び方

毛髪とヒアルロン酸の関係

頭髪が薄毛になるタイプは、頭皮の弾力性が失われて硬くなるため、育毛に必要な血流量を阻害し、毛根を育む頭髪環境が悪化しています。
栄養が無い乾燥した不毛の大地に、いくら種を蒔いたところで芽は出ない事と同じです。

頭皮に保水性や弾力性を与えてくれるヒアルロン酸は、細胞間を潤して柔らかい空間を生み出すため、毛細血管の働きを良くして、毛根が根付きやすい育毛環境に整えてくれます。
またヒアルロン酸は血液の水分量を調整して、サラサラの血液にするので、各細胞へ酸素や栄養素を運んだり、老廃物を回収するなどの働きをスムーズにします。

このように髪の毛にも欠かせないヒアルロン酸が減少すると、抜け毛が気になる原因になるかもしれません。
posted by ハルベク at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(3) | 美容と健康のヒアルロン酸
ビジネスブログランキング ビジネスblogランキングを見る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。