タグクラウド
薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」 薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」 薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」
ビジネスブログランキング ビジネスblogランキングを見る

病気とヒアルロン酸の関係

ヒアルロン酸が身体の中で多く存在する部位は、皮膚や関節液以外に、へその緒、眼球、大脳、血管、腎臓、心臓などがあります。
体内のヒアルロン酸が減少するという事は、これら臓器の環境悪化を暗示し、病気の要因を招いていると言っても過言ではないと思われます。

動脈硬化の予防・改善
ヒアルロン酸は、血管の弾性やしなやかさを保ち、血流を良くし、高脂血症の抑制、血栓形成の抑制、免疫機能を正常化、抗炎症、組織修復の働きをしています。
逆を言えば、ヒアルロン酸の減少は、動脈硬化に繋がります。
動脈硬化の進行は、高血圧、脳卒中、心臓病、糖尿病などの大きな要因となります。

眼球の健康
ヒアルロン酸は、眼球の硝子体にも多く、眼球の形状を維持し、細胞間のクッションの働きをします。
ヒアルロン酸の減少すると、ドライアイ、眼精疲労、かすみ目が起こりやすく、視力低下に繋がります。
ヒアルロン酸の摂取により、視力向上し、ドライアイが改善する方もいるようです。

女性の健康
ヒアルロン酸は、細胞組織を修復し、ドロドロ血や貧血を緩和してくれます。
また卵巣の働きを助け、更年期障害、生理痛、生理不順、冷え性など女性特有の悩みを緩和します。

このように身体にとって大切な役割を果たしているヒアルロン酸は、健康管理や疾患の未病を考える方にとって、必須のサプリメントいえます。
薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店
posted by ハルベク at 23:15 | Comment(1) | TrackBack(1) | 美容と健康のヒアルロン酸
この記事へのコメント

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。
現在、日本で一番多く実践されるようになりました。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。
腰をお大事に。
Posted by 腰痛アドバイザー at 2008年10月31日 02:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

23%OFF飲むヒアルロン酸『皇潤』
Excerpt: その膝、関節の痛みヒアルロン酸不足が原因では!? ◎ベッドから起き上がれない程のひざの痛み。 ◎整形外科や鍼、灸など色々な方法を試しても改善されない腰の痛み。 ◎夜中に目が覚める程、耐え難い肩の..
Weblog: 快適ライフへの道
Tracked: 2007-03-28 23:25
ビジネスブログランキング ビジネスblogランキングを見る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。