タグクラウド
薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」 薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」 薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」
ビジネスブログランキング ビジネスblogランキングを見る

関節痛とヒアルロン酸の関係

ヒアルロン酸は関節液に多く含まれており、関節軟骨の摩耗を修復したり、クッションのような役割をすると云われています。
しかし、年々減少する体内のヒアルロン酸量では、若い時分の柔軟な関節のままとは行かないようです。

膝・肘・腰などの関節痛や関節炎、関節液の減少は、加齢に伴うヒアルロン酸の減少と共に、増加しやすい症状です。

特に高齢者は関節痛が悪化すると、外出など億劫になって生活の行動範囲も狭まり、筋力や体力の低下にも繋がります。
痛みの憂鬱さなど、精神衛生にも悪い影響を与えかねませんので、まだ軽いから大丈夫と放置しない方が良いでしょう。

将来あちこちが痛い痛いと嘆きたくない方も、積極的にヒアルロン酸を取り入れては、いかがでしょうか。
ヒアルロン酸を摂取して、リウマチ痛が緩和したという報告例もあるそうです。
薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」身体への吸収率を高める低分子ヒアルロン酸こちら



posted by ハルベク at 11:42 | Comment(1) | TrackBack(1) | 美容と健康のヒアルロン酸

毛髪とヒアルロン酸の関係

頭髪が薄毛になるタイプは、頭皮の弾力性が失われて硬くなるため、育毛に必要な血流量を阻害し、毛根を育む頭髪環境が悪化しています。
栄養が無い乾燥した不毛の大地に、いくら種を蒔いたところで芽は出ない事と同じです。

頭皮に保水性や弾力性を与えてくれるヒアルロン酸は、細胞間を潤して柔らかい空間を生み出すため、毛細血管の働きを良くして、毛根が根付きやすい育毛環境に整えてくれます。
またヒアルロン酸は血液の水分量を調整して、サラサラの血液にするので、各細胞へ酸素や栄養素を運んだり、老廃物を回収するなどの働きをスムーズにします。

このように髪の毛にも欠かせないヒアルロン酸が減少すると、抜け毛が気になる原因になるかもしれません。
posted by ハルベク at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(3) | 美容と健康のヒアルロン酸

美肌とヒアルロン酸の関係

見た目年齢に影響する肌のシワ・タルミ・乾燥など皮膚の質感は、ヒアルロン酸が大きく関わっている事をご存知ですか?

ヒアルロン酸は、たったの1gで、約6リットルの水分をジェル化して保水できます。
ヒアルロン酸の濃度が高ければ高いほど、肌の弾力や潤い、キメを細かく整えてくれる働きをします。

しかし、ヒアルロン酸の合成力は加齢と共に激減し、例えば子供を100%とすると、30才代では60%、40才代で50%、後は転げ落ちるように70才代で0%?!という恐ろしい加速度!

ヒアルロン酸が減少すると、肌の張りが失われ、肌荒れ、乾燥肌、皺、シミ、アトピー性皮膚炎の悪化などの要因になります。

どうりで、老化に伴ないヒアルロン酸が減少するに連れ、顔もお尻も萎んで骨と皮が目立ち、カサカサシワシワの老人性萎縮が進行するわけです。たらーっ(汗)

肌の瑞々しさと若さを長持ちさせるには、ヒアルロン酸だけでなく、他にもコラーゲンやエラスチンの、三角関係をバランス良く保つ事が重要となります。
しかし、年々ヒアルロン酸は減少の一途ですから、三角関係のバランスを崩して刻々とダメージを受けているのです。

【ヒアルロン酸とコラーゲンとエラスチンの恐怖の連鎖反応】
ヒアルロン酸の減少 → コラーゲンが損傷変質 → エラスチンも減少

このようにバランスが崩れると、どんどん衰えが加速していく怖い相乗劣化!

老化の悪循環を食い止めるには、ヒアルロン酸を食品などで体内に補うしか無いようです。
しかし、悲しい現実…
ヒアルロン酸の代表的な含有食品である、鶏のトサカでさえ1,000kg中僅か3kgしか抽出できない希少成分なのです。
しかも、ヒアルロン酸の分子が大きいため、消化吸収しにくい難点があります。

これでは普段の食事から、満足に摂取することは難しそうですね。

ヒアルロン酸を主に、コンドロイチンなどムコ多糖、コラーゲンなどタンパク質、業界初の特許商品ECM・Eを含む低分子で吸収率を高めた理想的な食品です。
↓ ↓ ↓
posted by ハルベク at 15:41 | Comment(3) | TrackBack(6) | 美容と健康のヒアルロン酸

病気とヒアルロン酸の関係

ヒアルロン酸が身体の中で多く存在する部位は、皮膚や関節液以外に、へその緒、眼球、大脳、血管、腎臓、心臓などがあります。
体内のヒアルロン酸が減少するという事は、これら臓器の環境悪化を暗示し、病気の要因を招いていると言っても過言ではないと思われます。

動脈硬化の予防・改善
ヒアルロン酸は、血管の弾性やしなやかさを保ち、血流を良くし、高脂血症の抑制、血栓形成の抑制、免疫機能を正常化、抗炎症、組織修復の働きをしています。
逆を言えば、ヒアルロン酸の減少は、動脈硬化に繋がります。
動脈硬化の進行は、高血圧、脳卒中、心臓病、糖尿病などの大きな要因となります。

眼球の健康
ヒアルロン酸は、眼球の硝子体にも多く、眼球の形状を維持し、細胞間のクッションの働きをします。
ヒアルロン酸の減少すると、ドライアイ、眼精疲労、かすみ目が起こりやすく、視力低下に繋がります。
ヒアルロン酸の摂取により、視力向上し、ドライアイが改善する方もいるようです。

女性の健康
ヒアルロン酸は、細胞組織を修復し、ドロドロ血や貧血を緩和してくれます。
また卵巣の働きを助け、更年期障害、生理痛、生理不順、冷え性など女性特有の悩みを緩和します。

このように身体にとって大切な役割を果たしているヒアルロン酸は、健康管理や疾患の未病を考える方にとって、必須のサプリメントいえます。
薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店 「お肌の駆けコミ寺」薬剤師が開発したヒアルロン酸専門店
posted by ハルベク at 23:15 | Comment(1) | TrackBack(1) | 美容と健康のヒアルロン酸
ビジネスブログランキング ビジネスblogランキングを見る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。